エレン&ミカサ&ジャン【届かぬ想い・すれ違う心】



エレン 「なんだよミカサ、話って。」

ミカサ 「…エレン…昨日のことなんだけど…」

エレン 「なんだよ?はっきり言えよ。」

ミカサ 「エレンはアニが好きなの?」






エレン 「は?なんだよそれ!?イミわかんねーよ!??」

ミカサ 「昨日のパーティーでアニをダンスに誘ってた…」
 
エレン  「マジでイミわかんねーよ。たまたま近くにいたから誘っただけだろ。それがなんで好きってことになるんだよ?」

ミカサ  「…エレンは女の子の気持ちをまるでわかってない…!」





エレン  「お前こそなんなんだよ?ジャンの野郎と楽しそうにイチャついてたじゃねーか!?」

ミカサ  「!?エレン、あれは違う!私はジャンに誘われたから…」





エレン  「…もういい。だいたいミカサ、お前最近おかしいぞ?いい加減俺に干渉するのやめろよ。俺がいつ誰と何しようが俺の自由だろ?」





ミカサ  「それはアニと付き合うってこと?」

エレン  「だからなんでそうなるんだ!?アニは仲間だろ??」





エレン  「オマエさー、なんかよくわかんねーけど。女子の間でそういうの流行ってんのか?」

ミカサ  「エレン…流行りとかじゃない(怒)前から思ってたけど、エレンは人の気持ちがわからないの!?」





ジャン  「よぉ。二人して何モメてんだ?」

エレン&ミカサ  『ジャン!?』






エレン  「…別に何でもねーよ 」

ジャン  「ならいいんだけどさ。エレン、お前ミカサにキツく当たるなよな」
 
エレン  「だから何でもねぇって言ってるだろ!」






ジャン  「そーだミカサ。昨日のパーティー、すっげえ楽しかったぜ!また俺と踊ってくれよな♪」

ミカサ  「え?あ、うん…」

エレン  「…(−_−#)…」






エレン 「おいジャン…お前最近ミカサにベタベタくっつきすぎだぞ」

ジャン  「は!?お前何言ってんだエレン?別にお前とミカサは付き合ってねぇだろーが。俺とミカサが何しようが俺たちの自由だろ?」







ジャン  「だいたいエレン。お前はアニとイチャついてたじゃねーか。アニのこと好きなんだろ?」

エレン  「だからなんでそこでアニが出てくるんだよ!」


ミカサ   (エレン…もしかしてジャンに嫉妬してるの?嬉しい…!)






ミカサ  「エレン、(私のために嬉しいけど)喧嘩はやめて!リヴァイ兵長に見つかったら叱られる。」

エレン  「別にケンカしてねーよ…って、あ!俺、今日の食事当番だったの忘れてたぁ!!」





エレン  「やべぇ!早く支度しないと兵長に殺されるぅ!!!」


 
ジャン  「アイツうまいこと逃げやがったな…」
 
ミカサ  「…ジャン、私もエレンを手伝うからもう行く。」

ジャン  「…待てよミカサ」









ミカサ  「!!?」






ミカサ  「ちょっ…ジャン!離して…!!」





ジャン  「…ミカサ。俺の気持ち、もう気付いてるんだろ!?だったら俺なのかエレンなのかハッキリ決めてくれよ!!」

ミカサ  「そんなのわからない!ジャンは仲間で、エレンは…」

ジャン  「あんなガキみたいなヤツやめとけよ!俺ならお前を悲しませるようなことは絶対しない!!」





進撃の巨人 1219 (6)

ミカサ 「もう放っといて…!私に触るな…!!」

ジャン 「…ミカサ、ゴメン。俺…」







進撃の巨人 1219 (5)

「 …… 」










進撃の巨人 1219 (7)

リヴァイ 「…チッ…立ち聞きするつもりはなかったが…ガキの分際で色気づきやがって。10年早ぇんだよ!
      つーか、エレン。あいつバカすぎだろ(怒)これは痛みによる躾が必要だな。早急に。」







【あとがき】

はわわわ~(´Д`;)
またとんでもなくしょぼいものを書いてしまいましたぁぁ――!!スンマセン
最後のお掃除兵長は笑うところだと思います(笑)てゆーか笑って下さい

とうとうミカサに勢い余って告ってしまったジャン。
エレンといい、ミカサをめぐって今後どうなるのか!?
リヴァハンの行方も気になるとこですが、この3人の動向にも乞うご期待です☆
Theme: The Sims3
Genre: ゲーム

Comment

Leave a Reply










Trackback